aga治療で起きる初期脱毛という現象についてちょっと調べてみました

aga治療で起きる初期脱毛という現象についてちょっと調べてみました

AGA治療で使用されているフィナステリドには初期脱毛が起きることがあります。agaは男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンにより、髪の毛の成長期が短くなることで発症します。成長期が短くなると髪の毛が十分に成長する前に抜け毛となってしまい薄毛が少しずつ広がっていきます。

基点=自毛再生の実績多数|AGA治療・薄毛治療の銀座HSクリニック http://hsclinic.jp/

一度発症すると自然に治ることは期待できず、男性にとっては厄介な症状です。そんな時でもフィナステリドを服用すれば短くなった成長期が正常化され、脱毛を予防してくれるのが良いところです。○初期脱毛とはしかしフィナステリドの服用を開始してしばらく経った後に初期脱毛が起こることがあります。

急に普段の抜け毛より増えるので最初は副作用ではないかと不安になりますが副作用では無いです。髪の毛の成長期が終わると成長が次第に緩やかになる退行期が来ます。退行期の後には成長が完全にストップする休止期が来ます。休止期の後には成長期が来て髪の毛が伸びてきますが、この時古い髪の毛を押し上げるように伸びていきます。

押し上げられた髪の毛は抜け毛となりますが、フィナステリドを服用すると毛母細胞の分裂が活発になり休止期から成長期に入る髪の毛が多くなります。これが初期脱毛が起きる原因と考えられています。つまりフィナステリドの効果が出てきた証拠なのです。

そのうち抜け毛が治まっていきますので初期脱毛は問題ないです。

・帽子をかぶって治まるのを待つしかしもともと薄い段階の時に初期脱毛が起きるとさらに薄くなってしまいます。どうしても気になると言う時は初期脱毛が治まるまで帽子をかぶると良いです。ただし帽子をいつもかぶっていると中で蒸れてしまい髪の毛や頭皮に悪影響が出かねないので注意して下さい。

・ミノキシジルでも起こることがあるこの初期脱毛はミノキシジルでも起きることがあります。ミノキシジルも血管を拡張し毛母細胞の分裂を活発化させているので、初期脱毛が起きる原因はフィナステリドと同様です。特に問題ありませんが知らないと不安感に悩まされてしまいますので、ドクターに事前に聞いておいて下さい。