aga治療で起きる初期脱毛という現象についてちょっと調べてみました

AGA治療で使用されているフィナステリドには初期脱毛が起きることがあります。agaは男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンにより、髪の毛の成長期が短くなることで発症します。

成長期が短くなると髪の毛が十分に成長する前に抜け毛となってしまい薄毛が少しずつ広がっていきます。一度発症すると自然に治ることは期待できず、男性にとっては厄介な症状です。

基点=AGA治療の専門クリニック|男性の薄毛治療は銀座HSクリニック http://hsclinic.jp/male

色々なことをして薄毛が改善された男性のイメージ イラスト

そんな時でもフィナステリドを服用すれば短くなった成長期が正常化され、脱毛を予防してくれるのが良いところです。○初期脱毛とはしかしフィナステリドの服用を開始してしばらく経った後に初期脱毛が起こることがあります。

急に普段の抜け毛より増えるので最初は副作用ではないかと不安になりますが副作用では無いです。髪の毛の成長期が終わると成長が次第に緩やかになる退行期が来ます。

退行期の後には成長が完全にストップする休止期が来ます。休止期の後には成長期が来て髪の毛が伸びてきますが、この時古い髪の毛を押し上げるように伸びていきます。

押し上げられた髪の毛は抜け毛となりますが、フィナステリドを服用すると毛母細胞の分裂が活発になり休止期から成長期に入る髪の毛が多くなります。

これが初期脱毛が起きる原因と考えられています。つまりフィナステリドの効果が出てきた証拠なのです。そのうち抜け毛が治まっていきますので初期脱毛は問題ないです。

帽子をかぶって治まるのを待つ

しかしもともと薄い段階の時に初期脱毛が起きるとさらに薄くなってしまいます。どうしても気になると言う時は初期脱毛が治まるまで帽子をかぶると良いです。

ただし帽子をいつもかぶっていると中で蒸れてしまい髪の毛や頭皮に悪影響が出かねないので注意して下さい。

ミノキシジルでも起こることがある

この初期脱毛はミノキシジルでも起きることがあります。ミノキシジルも血管を拡張し毛母細胞の分裂を活発化させているので、初期脱毛が起きる原因はフィナステリドと同様です。

特に問題ありませんが知らないと不安感に悩まされてしまいますので、ドクターに事前に聞いておいて下さい。

AGAってなんのこと?「若ハゲ」に悩む男性が急増中

「AGA(エージーエー)」という言葉を聞いてピンと来る人はまだまだ少ないと思います。しかし「若ハゲ」ではどうでしょうか。ピンとくるどころかドキッとしてしまう人もいるのではないでしょうか。

薄毛が改善された髭が濃い男性のイメージ イラスト

AGAとは「若ハゲ」のこと

AGAは、聞き慣れない英単語ですが、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」いわゆる「若ハゲ」を指す言葉です。成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことで、新春期以降に額の生え際、頭頂部どちらか一方または双方から薄くなっていきます。

その原因は、遺伝や男性ホルモンの影響と言われています。AGAで悩んでいる人は800万人以上いると言われ、その中の600万人以上が何らかのケアを行っています。

AGAは進行しますので、何もせず放置しておくと髪の毛はどんどん減り続けて薄い状態ではなく本当に禿げてしまいます。「薄くなってきたな」と感じ始めた時点でのケアが非常に大切ということです。

AGAの原因と3つの進行パターン

AGAが進んでいる部分にはDHT(ジヒドロテストステロン)という物質が高濃度にみられます。これは、毛周期と言われる毛の成長サイクルを短くする原因の物質と考えられており、この濃度が高くなることで本来は抜けるはずのない時期である毛の成長期に当たる期間が短くなり、髪の毛がしっかり太く成長する前に抜けてしまうのです。

大きく分けると3パターンあります。頭頂部から徐々に薄くなるパターンと、額の生え際から後退していくパターン、そしてこの2つが同時に見られるパターンもありますので全部で3パターンということになります。

AGAの進行スピードはゆっくりです。髪の毛が薄くなってきたと感じてきた早い段階での治療で回復する可能性は大いにあります。

諦めないようにしましょう。