agaで悩んでいますので専門医ではaga治療費は医療費控除の対象となりますか?

aga治療は健康保険適用外の自由診療ですし、継続する必要もあるので、トータルとしてかなりの出費になりますよね。平均すると、1ヶ月に診療費と薬代で、10,000~15,000円はかかるといわれています。

これでは年間のaga治療費は、軽く10万円を超えてしまいますよね。ぜひとも医療費控除の申請をしたいところです。ですが、日本ではagaは病気として認められてはおらず、aga治療は美容整形と同じく外見上の問題を解決するものとして、治療ではないと判断されます。

つまり結論をいいますと、育毛治療は、基本的には医療費控除の対象外です。では、aga治療には、医療費控除は一切認められないのでしょうか?実はこれには例外があります。

毛量復活に向けてマッサージをする男性
単に「薄毛を治したい」というのであれば、生命や精神上の危機ではないとみなされ、治療として認められません。ところが、agaを気にするあまり精神疾患が生じてしまったり、ほかの病気の治療が原因で脱毛が起こったり、ということであれば、これらの治療の一環として、aga治療費はもちろん、市販の育毛剤や薬用シャンプーなども、医療費控除の対象となることがあります。

また、aga治療の中で唯一プロペシアを使った治療だけは、医療費控除の対象と認められています。プロペシアは、厚生労働省が男性型脱毛の治療に効果があると承認した、フィナステリド含有の治療薬です。

厚生労働省が「男性型脱毛の治療効果がある」と認めていることから、医療費控除の対象になるのですね。ただ、これらも個々の状態や、税務署の担当者によっても判断が分かれるところです。

原則は存在するものの、結構あいまいだったりするのですね。領収書を揃えて提出したらプロペシアでなくても申請が通った、というケースもあるようなので、一度管轄の税務署に確かめてみるのもいいでしょう。

現在、単なるaga治療では、かかった治療費が医療費控除の対象として認められるのは難しい状況です。でも、agaの治療費はバカになりません。

今後は薄毛の悩みに対する理解が進み、すべてのaga治療に医療費控除や健康保険が認められるようになるといいですね。