AGA治療薬にはどういうメリットとデメリットがあるのでしょうか?

AGA治療薬を使うとどういうメリットとデメリットがあるのかというと、メリットに関して言えば男性型脱毛症で悩んでいる人の薄毛には確実に抜け毛が減るというのがあります。

若い頃の自分の毛量と比較をする男性

その点ではこのAGA治療薬をを使う以上に良い物はないです。そして、まだ薄毛のレベルがそこまででなければ抜け毛が減るだけでなく、髪が生える事も期待できます。

ですから、今現在男性の方で男性型脱毛症になっているという人はぜひ一度はAGA治療薬を使ってみる事をおすすめします。それで多くの方はきっと薄毛が改善されると思います。

それがAGA治療薬を使う最大のメリットです。それに対してAGA治療薬を使うデメリットはどういうのがあるのかというと、これもいくつかありますが一番のデメリットは費用が高い点です。

なぜならAGA治療は普通の治療薬とは違って全額自己負担になるので大きな負担になるからです。ですから、月に大体1万円くらいにはなります。

ですから経済的に厳しい人はAGA治療薬を使うのは難しいです。それが一番AGA治療薬を使うデメリットになります。なので、AGA治療薬を使う際にはお金の問題が付いてきます。

またお金以外にもAGA治療薬を使うデメリットはあります。それはAGA治療薬を使った薄毛治療に終わりはない点です。つまりどういう事かというと、普通AGA治療薬を使って髪が生えたらもうそれでこれ以上この薬を飲まなくても良いように思えますがAGA治療薬を飲んで髪が生えてもこの薬を飲み続けないといけないです。

そうしないと、しばらくAGA治療薬を飲まないでいるとまた抜け毛が増えてきます。それでまた元の状態に戻ってしまうのでAGA治療薬を飲むようになったらずっとこれを飲まないといけないのでその点も大きなデメリットであると言えます。

なぜなら、復活した髪を維持したいならずっとこの高いAGA治療薬を買う必要があるからです。これも安ければそこまで問題はないですが、実際はかなり高いのでこの点はかなりのデメリットになります。