aga治療に価格の安いジェネリック医薬品はあるらしいのですがご存知ですか?

aga治療でよく用いられているのがプロペシアです。男性ホルモンのテストステロンが血液に乗って毛乳頭へ運ばれると、毛乳頭に含まれている5α還元酵素によりジヒドロテストステロンへ変化します。

変化したジヒドロテストステロンには毛周期の成長期を短縮し軟毛化させる働きがあります。これがagaの原因ですが、プロペシアの主成分であるフィナステリドには5α還元酵素の働きを阻害する働きがあり、優れた脱毛予防効果が期待できるのが特徴です。

多くの男性薄毛患者さんに効果が出ていますが価格が高いと言うのが難点です。プロペシアは毎日1回、効果が出てくるまで3か月から6か月とかなりかかります。

○プロペシアのジェネリック医薬品1錠あたり250円ほどの価格のプロペシアを毎日服用しますのでトータル的に結構な費用が必要です。

しかし最近ではプロペシアのジェネリック医薬品であるフィナステリド錠が発売されています。アメリカの有名な製薬会社、ファイザー社によるジェネリック医薬品なので信頼性も安全性も高いです。

若いうちから育毛ケアを怠らない男性のイメージ

プロペシアは1か月あたり7500円ほどの薬代がかかるのに対し、ファイザー社のフィナステリド錠であれば6000円ほどと1500円安いです。

それ程大きな差ではありませんが1年続けると結構大きな差になります。・見た目で区別しやすいファイザー社のフィナステリド錠には錠剤表にpfizerと刻印があり区別が付きやすくなっています。

フィナステリド0.2mgの錠剤裏面にはSU0.2、フィナステリド1mgにはSU1と刻印があります。・成分の種類も量も同じ製造している会社が違うだけで成分の種類も量も同じです。

同じ料理同じレシピでも作る人が違うと味が違うように、プロペシアとファイザー社のフィナステリド錠にも違いがある可能性はあります。

しかし生物学的同等性試験を行った結果、プロペシアとほぼ同等であったと確認されたことがありますのであまり違いに神経質になる必要はないです。

aga治療を受けられるクリニックで取り扱っているかどうか調べてからご来院してみて下さい。

1 件のコメント

コメントを残す