10代で若ハゲに悩んでいますがどういったaga治療をすることができるのでしょうか?

10代の早いうちから若年性脱毛症に悩んでいると、同世代のふさふさした髪の毛と比べてどうしても焦りと不安が大きくなってしまうものです。

一刻も早く症状を改善させたいとaga対策を始めるかたは少なくありませんが、未成年の場合には治療にいろいろな制約が付いてまわります。

しかし薄毛への対策ができないわけではありません。

男性の薄くなった頭頂部を上から

処方してもらえない治療薬がある

agaは男性ホルモンの働きによる脱毛症なので、治療のために働きを制限させる薬を処方されます。ですが、副作用も懸念されるこうした治療薬は未成年男性の発育途中の身体に使うには危険すぎます。

よって、

  • フィナステリド
  • デュタステリド
  • ミノキシジル

を含んでいる育毛剤は10代のかたに使うことができません。フィナステリドやデュタステリドによる性欲減退、肝機能障害、ミノキシジルによる動悸や多毛症などが発症しやすくなってしまうからです。

これらの薬は個人輸入でも入手が可能ですが、万が一にも身体に取り返しのつかない異常が起こってしまわないとも限りませんのでおすすめすることはできません。

未成年でも使える育毛剤を利用しよう

薬を使用することはできなくても、効果的な育毛剤や育毛サプリメントは複数あります。たとえば薄毛の原因になるジヒドロテストステロンの生成を阻害する成分を含んだ育毛剤で未成年でも使用可能な頭皮に優しいものが市販されていますし、サプリメントであれば薬ではないため摂取に制限がありません。

亜鉛やイソフラボンやカプサイシン、そうした頭皮と髪の毛にいい栄養を補給することも立派な薄毛対策になります。

育毛シャンプーで頭皮のコンディションを整える

ドラッグストアや通販などで購入できる育毛シャンプーは、育毛剤との併用がおすすめです。毛穴を綺麗に洗浄し、血行を促進し、頭皮環境を整えることができます。

毎日根気よくケアしていくことで少しずつ薄毛対策に繋げていくことができるでしょう。加えて、バランスの取れた食事を摂取すること、睡眠は7時間以上たっぷり取ること、運動をして新陳代謝を上げること、これらの基本的で健康的な生活習慣も髪の毛を育てるのには非常に重要です。

強い薬を使用できない10代ですが、できる対策はあります。若ハゲは何もしなければどんどん進行していきますので、早い段階で手を打つことが食い止める第一歩です。

aga対策に強い治療薬を使えない10代でも育毛をすることは可能です